top of page
  • 執筆者の写真L&L ItalianTranslation

イタリアのマリオ・ドラギ首相辞任


Buongiorno!


7月末になりました。

学校が夏休みに入ったお子様たちも多いのではないでしょうか。


イタリアでは、マリオ・ドラギ首相が7月21日辞任しました。


「政界のスーパーマリオ」と呼ばれた人物が連立政権のリーダーを辞任したことで、イタリア国民は今後の政情不安を憂いています。


ドラギ氏は元々経済学者であり、2011年から2019年まで欧州中央銀行総裁、2009年から2011年まで金融安定理事会の初代議長、2005年から2011年までイタリア銀行総裁を歴任してきた人で、国内外で人気のある政治家でした。


2021年2月、新型コロナウイルスによるパンデミックからの経済回復を主導するため、イタリア首相に選ばれましたが、それから約1年半、残念ながら連立政権が崩壊してしまいました。


イタリアは来る9月25日に総選挙を行う予定となっています。

イタリアは北大西洋条約機構(NATO)加盟国で、さらに主要7カ国(G7)の一員であり、

欧州連合(EU)で3位の経済規模を持つ国です。


今後、誰がこの国のリーダーとなるのか、注目が集まっています。


*****


弊センターでは、イタリアへのご留学・赴任、国際結婚などで必要な書類について、

イタリア語翻訳及びイタリア大使館での法定翻訳査証申請お手続きを承っております。


どうぞお気軽にお問い合わせください。



さて、今週の「小さな村の物語イタリア」は、イタリア南部バジリカータ州のファルデッラという村です。


どうぞお楽しみに♪


*****


第386回 ファルデッラ / バジリカータ州 2022年07月30日 放送

イタリア南部。豊かな緑に囲まれた丘の村が今回の物語の舞台、ファルデッラだ。 南の太陽が輝き始めた初夏、村人たちは皆、暇さえあれば日向ぼっこをして過ごしている。 村を初めて訪れたのは8年前のこと。彼らは今どんな暮らしをしているだろうか…。

最初の主人公は、腕利きの自動車修理工。村には3軒の修理工場があったが、 彼のところが一番人気。2人の息子と夜遅くまで働く忙しい日々を送っていた。 あれから8年、彼は今、新しく始めた仕事に夢中の日々だ。

もう1人は、当時82歳だった村の長老。若い頃は肉屋で働き、ベルギーの炭鉱に出稼ぎに行ったこともある。最後は近くの町の博物館の守衛を20年間勤め上げ、 ずっと働き尽くしてきた。彼は今、これまでの90年の人生をゆっくりと思い返している。


ナビゲーター:三上博史さん

最新記事

すべて表示
bottom of page