top of page
  • 執筆者の写真L&L ItalianTranslation

Come sta andando il distributore automatico di pizza calda a Roma


Buongiorno! 


今日はPizzaのお話です!🍕


”Come sta andando il distributore automatico di pizza calda a Roma”



‟ローマのピッツァ自動販売機ってどんな感じ?”


私は昔、ローマに住んでいたのですが、Pizzaが大好きでした。


ちゃんとしたピッツェリアでPizzaを食べるのはもちろん、Barの切り売りピザもなかなか美味しくて、昼食用に買って職場に持って行ったり、おやつにも食べたりしていたものです。


現地のイタリア人や、現地在住の外国人たちにも、ピッツァは手軽で美味しい食べ物として非常に人気があります。


でも最近コロナの影響で、イタリアでも、レストランやピッツェリアの営業時間が短縮されたり、自分の好きな時間に美味しいピッツァを食べられない…といった悩みが尽きず…

そんな悩みを一挙解決しようと発明されたのがこちら!


なんと、ピッツァの自動販売機です!

ローマのボローニャ広場エリアにお目見えし、今年4月5日から人々の注目を集めています!


お金を入れてから、わずか3分で熱々のピッツアが提供されるのです。

機械の中では、ちゃんと粉と水がこねられ、トマトソースで味付けされ、焼き上げられるというから驚きです!


マルゲリータ、ディアヴォラ、パンチェッタ、クアトロ・フォルマッジの4種類のフレーバーから選べます。お値段は 4,50ユーロから6ユーロです。


この自販機は特許も取得したそうです。


なにしろ自動販売機なので休業日はなく、週7日24時間、いつでも美味しいピッツァが食べられます。なんて素敵!

(現在はコロナの自粛規則に従って、午後10時までのサービスとなっています)


このご時世、とても便利な自販機として注目を集めており、このサービスを知った人々から問い合わせが殺到しているそうです。


このピッツァ、ぜひ食べてみたいですね!



*****


編集が止まっていた「小さな村」ですが、やっとイタリアでの取材が始まり、新しい番組が制作されています!


筆者が映像翻訳を担当しております(^^)/


今週の「小さな村の物語イタリア」は新作です!

どうぞよろしくお願いいたします。


第348回 マルザメーミ / シチリア州 2021年05月15日 放送

シチリア島 南部の海に囲まれた村、マルザメーミ。人々は、何百年も前から海に支えられて暮らしてきた。9年前、この漁村で出会った、熱いハートの2人の男たちはどうしているのだろうか…。

曾祖父の代から150年以上続く、水産加工業を営む男性は、今も元気に工場に足を運んでいる。彼にとって、従業員たちは家族同然。元気の源は、孫たちと過ごす時間だ。 もう1人は、海に生き、海に人生を捧げてきた漁師。昔に比べ、漁獲量が大きく減ってしまったため、長年苦楽を共にしてきた相棒の漁船を前に、今大きな決断を迫られている。


ナビゲーター:三上博史さん







Comments


bottom of page