top of page
  • 執筆者の写真L&L ItalianTranslation

敬老の日


Buongiorno!

今日は敬老の日ですね。


日本でもイタリアでも、お年寄が元気なところは村全体が元気です。


「小さな村の物語 イタリア」(BS日テレ)は、筆者が映像翻訳を担当しておりますが、


イタリアの町や村の番組を担当していて思うことは、

お年寄りの皆さんが、ただ単に長生きということだけでなく、

まだまだ社会に貢献したり、交流したりしていて、

村の歴史や伝統を大切にしながら、家族や人々との絆を大事にし、

生きがいを持って、元気に明るく生活していることです。


そんな彼らへのインタビューでお話を伺っていると、

人生の勉強になることがたくさんあります。


イタリアには、こんな諺があります。

"Gallina vecchia fa buon brodo"

古い鶏ほど美味しいスープができる。


つまり、人生の中での喜びも悲しみも、

様々な経験をしながら歳を重ねてきた人には、

若い人には出せない人生の深みがあり、

そこから学ぶことはたくさんあるってことですね。


敬老の日。

お年寄に感謝と尊敬です(^^)♪


*****


コロナの影響でしばらく編集が止まっていた「小さな村」ですが、

現在は、なんとかイタリアでの取材をおこなうことができており、新しい番組が続々と制作されています!


今週の「小さな村の物語イタリア」もよろしくお願いいたします。


次回予告

第364回 モンテフェガテーシ / トスカーナ州 2021年09月25日 放送

トスカーナの人里離れた山の中。緑に覆われた村、モンテフェガテーシ。 山深いこの村には、農業に適した土地がほとんどない。だから家族の誰かが外国に働きに行くことが多かった。5年前に出会ったのもそんな村人たちだった。

1人目の主人公は、かつて腕利きの置物職人だった男性。陽気な彼は、村人を楽しませるために一生懸命だ。彼の家族は昔、皆外国に出稼ぎに行ったから離れ離れだった。だから彼は、他の誰よりも家族の大切さを知っている。

もう1人は、事故で左足を失った写真家の男性。事故当時、彼を支えたのは弟だった。でも、そのために弟がサッカー選手という夢を失ったことを兄は気に病んでいた。あれから5年。彼はかつての弟の夢のため、新しい人生に踏み出している。

人の絆が織りなす人生の物語。


ナビゲーター:三上博史さん

Comments


bottom of page