top of page
  • 執筆者の写真L&L ItalianTranslation

等価証明書申請手続きについて


Buongiorno!


皆様いかがお過ごしでしょうか。


今年は例年よりも若干早い桜の開花ということで、弊センターの近所にも桜の花が咲いている様子を見ることができます🌸



さて、現在、春夏からのイタリア留学に向けて、大学提出用の書類の法定翻訳や等価証明書お手続きのご依頼やお問い合わせが多くなっております。


特に、等価証明書のお手続きは2-3日で終わるものではなく、証明書入手からアポスティーユ(公印確認証明)を取ったり、大使館領事部に申請したり、お手続き完了までにご想像よりも日数がかかります。


特に、大使館でのビザ申請窓口の予約が取れている方は、提出用書類の事前準備が出来ていないなどということがないよう、お早めに準備をお始めください。


弊センターでは、長年のキャリアと実務経験のある在東京イタリア大使館指定翻訳家が在籍しておりますので、個別のご相談にも丁寧にご対応しております。


等価証明書の準備はだいぶ煩雑なので、はじめての方はお困りと思います。

是非お気軽にお問い合わせ下さい。


*****


さて、今週の「小さな村の物語イタリア」は、イタリア北部 ヴァッレ・ダオスタ州のブルッソン という村です。


どうぞお楽しみに♪


*****

第381回 ブルッソン / ヴァッレ・ダオスタ州 2023年03月25日 放送 2022年05月21日 初回放送

イタリアの北。フランス国境近くの険しい山々に囲まれた渓谷に佇む村、ブルッソン。 冬の間、村は雪や氷で覆われてしまう。そんな自然に負けないように、村人たちは助け合って生きてきた。この村をはじめて訪れた10年前の冬、2人の村人に出会った。

1人目の主人公は、材木会社経営の男性。厳しい冬の到来を控え、森で木を切り村人たちに薪を届けていた。でも週末となれば、3人の息子を山に連れ出す心優しい父親だ。

もう1人は、年中無休の雑貨店を経営するマンマ。店を開いて50年になる。 彼女が年中店を開けるようになったのは、孫にまつわるある出来事がきっかけだった。

彼らは今、どうしているのだろうか。

(※年代表記などは初回放送時点のものです。)


ナビゲーター:三上博史さん

تعليقات


bottom of page