top of page
  • 執筆者の写真L&L ItalianTranslation

等価証明書申請区分について


Buongiorno!


秋晴れの日には、まだまだ半袖で過ごせるくらいの陽気ですね。


表題の件ですが、

秋のイタリア留学に必要な等価証明書申請がまだお済みでない方の駆け込み依頼が増えております。


等価証明書申請に限らず、日本でのイタリア領事業務全般に関わることですが、

東日本と西日本で管轄が分かれております。


弊センターは、在東京イタリア大使館の指定翻訳者事務所ですので、東日本の管轄の申請を担当しております。


西日本の区分の方は、基本、在阪イタリア総領事館に申請して頂くことになります。


ただ、現在、イタリアなど海外在住の方においては、在東京イタリア大使館にご相談いただいたうえ、

東京で申請をしても良いという承諾が出れば、弊センターでも申請一式を承ることができます。


許可なしに、西日本管轄の方が東京で申請をしようとしても、在東京イタリア大使館にて申請書類を受け付けてもらうことができませんので、お気を付けください。


詳細は、弊センターまでお気軽にお問い合わせください。


Vi auguro una buona domenica!


*****


編集が止まっていた「小さな村」ですが、現在コロナ禍においても、現地の方々のご協力や番組制作スタッフの尽力のおかげで、何とかイタリアでの取材が出来ており、新しい番組が制作されています!


筆者が映像翻訳を担当しております(^^)/


今週の「小さな村の物語イタリア」もよろしくお願いいたします。


第366回 テルツォーリオ / リグーリア州 2021年10月16日 放送

リグーリアの青い海を見下ろす丘に静かに佇む小さな村、テルツォーリオ。 地中海を渡る風の影響で、この村は1年を通して暖かい。 穏やかなこの地で、人々は日々の糧を神に感謝しながら暮らしてきた。 7年前に出会ったのもそんな村人たちだ。

1人目の主人公は、花栽培農家の男性。彼は若い頃に挫折を経験したことがあるが、それでも挑戦を恐れない。7年前、新しい事業に乗り出そうとしていた努力は、果たして報われたのだろうか…。

2人目は、村の長老。96歳になった今も朝と夕には自分で庭を掃除する。7年という歳月の中で変わってしまったものもあるが、愛着のある村での暮らしとかけがえのない友との触れ合いは、男性に穏やかな日常をもたらしてくれる。彼の人生はまだ終わらない…。


ナビゲーター:三上博史さん

Comments


bottom of page