top of page
  • 執筆者の写真L&L ItalianTranslation

小さな村の物語 イタリア #363


Buongiorno!


だいぶ秋めいてきましたね。


弊センターでは、テレビ番組の映像翻訳もおこなっております。


「小さな村の物語 イタリア」(BS日テレ)筆者が映像翻訳を担当しております(^^)


この番組を担当してから10年以上になりますが、翻訳をしながら、いつも村の人々の言葉に励まされたり、涙したり、ほっこりしたりしています。


お仕事という存在以上の、自分の人生を豊かにしてくれる大切な番組です。


コロナの影響でしばらく編集が止まっていた「小さな村」ですが、

現在は、なんとかイタリアでの取材をおこなうことができており、新しい番組が続々と制作されています!


今週の「小さな村の物語イタリア」もよろしくお願いいたします。


次回予告

第363回 カザーレ・マリッティモ / トスカーナ州 2021年09月18日 放送

夏の強い日差しが降り注ぐトスカーナの小高い丘の上に、堂々した佇まいをみせる村、カザーレ・マリッティモ。大自然の中で、人々は大地を耕し、移り変わる季節に寄り添い暮らしてきた。この村を訪れるのは12年ぶりのこと。当時出会った二人の男性は、今どうしているのだろうか…。

一人目の主人公は、村でただ一軒のパン屋を営むパン職人。手間と時間をかけた天然酵母にこだわるパン作りは、今でも変わらない。相変わらず夜中から仕事を始め、昼夜逆転の生活だが、息子たちも手伝ってくれるようになったから、以前と比べて時間に余裕ができた。そして彼には今、新しい夢がある。

二人目の男性は、当時大自然のリズムを大切にして蜂を飼って暮らしていた養蜂家。 彼はその仕事を辞めてしまい、暮らしは大きく変わってしまった。 でも、当時から熱中していた趣味の時間は今でも大切にしている。


ナビゲーター:三上博史さん

Comentarios


bottom of page