top of page
  • 執筆者の写真L&L ItalianTranslation

小さな村の物語 イタリア 第378回


Buongiorno!


新年度が始まりましたね🌸

皆様いかがお過ごしでしょうか?


世界情勢が不安定な中ではありますが、

弊センターへのご依頼者様には、それぞれの夢や目的のため、ご留学やご赴任、ご結婚のためなど、イタリアへ旅立つ方が多くいらっしゃいます。


外務省アポスティーユの申請やイタリア大使館の申請など、お手続きには日数がかかりますので、ご準備はお早目にお願い致します。


さて、今週の「小さな村の物語イタリア」は、イタリア中部、モリーゼ州のチヴィタカンポマラーノという村です。


どうぞお楽しみに♪


*****


第378回 チヴィタカンポマラーノ / モリーゼ州 2022年04月09日 放送 イタリア中部の高原地帯。なだらかな丘に築かれた村、チヴィタカンポマラーノ。高台に立つ中世の城に見守られ、村人の物語は脈々と紡がれてきた。9年前に出会ったのも、村の歴史を大切にして生きる村人たちだった。

1人目の主人公は、菓子職人の女性。彼女が作っていたのは「チエッリ」という村伝統のお菓子だ。以前は、姑に手伝ってもらいながら、小さなお菓子工房をオープンしたばかりだったが、チエッリの評判は口コミで広がり、今ではイタリア中から注文が入るほどの人気ぶりだ。

もう1人は、元塗装職人の男性。若い頃からピアノを独学で学び、40歳を過ぎてからは絵を描き始めた。30年以上にわたり特に好んで描いていたのが村の美しい風景画。そんな村に対する情熱は、彼のひとり娘に受け継がれている。娘は長年、村のために無償で活動を続け、7年前に始めたアーティストを招いてのストリートアートを描いてもらうイベントは、外国人たちが訪れる国際的なフェスティバルとなり、誰も予想していなかったほど村に活気を与えた。しかし、彼女には一つだけ心残りがある…。


ナビゲーター:三上博史さん

Comments


bottom of page