top of page
  • 執筆者の写真L&L ItalianTranslation

イタリア大使館法定翻訳お手続き


Buongiorno!


弊センターでは、イタリアへの赴任や留学、ご結婚などで必要な書類翻訳や法定翻訳証明お手続き、等価証明書申請などおこなっております。


現在、東京、大阪、兵庫、京都に緊急事態宣言が出されておりますが、イタリア大使館領事業務はおこなわれているため、弊センターも通常通りご依頼をお受けしております。



法定翻訳お手続きの業務は、市役所や区役所と同じ役目を果たしています。


というのは、イタリアの政府や官庁に提出するための本人確認書類だったり、ビザを取得したり更新したりするための大切な書類などのお手続きだからです。


現在、イタリア大使館領事業務の全ての申請は、密を避けるため、完全予約制となっており、通常よりも予約が取りにくくなっております。


ご依頼をご検討中の方は、お早めに弊センターまでお問い合わせください。


*****


編集が止まっていた「小さな村」ですが、やっとイタリアでの取材が始まり、新しい番組が制作されています!


筆者が映像翻訳を担当しております(^^)/


今週の「小さな村の物語イタリア」は新作です!

どうぞよろしくお願いいたします。


第346回 ティンヌーラ / サルデーニャ州 2021年05月01日 放送

サルデーニャ島 北西の高台に細長く伸びる村・ティンヌーラ。 オリーブやブドウの生産によって営みを続けてきた。 「壁画の村」としても知られるこの村で、9年前に出会った二人の女性に再会する。 一人は、この地に自生するユリ科の植物「アスフォデーロ」の茎を使った籠を編み続ける女性。籠はこの村の名産品だが、今では作れる人もずいぶんと少なくなってしまった。女性は現在も籠を編みながら、警官を引退した堅物夫に寄り添い仲睦まじく暮らしている。 もう一人は、「ムラーレス」と呼ばれるサルデーニャの暮らしの歴史を壁画で残す女性芸術家。回り道をしても自分で掴んだ芸術家の道。しかし9年の歳月の中で、突然幸せの絶頂から失意の底に突き落とされた。彼女は今、そこから懸命に這い上がろうとしていた。


ナビゲーター:三上博史さん







Comments


bottom of page