top of page
  • 執筆者の写真L&L ItalianTranslation

イタリア再びロックダウン 3/15


 皆様こんにちは。

 3月に入り、イタリア関連のお仕事がようやく再開してきた矢先でしたが、またバッドニュースが舞い込んできました💦


イタリア政府は、また15日からロックダウンをおこなうことを決定したそうです。


TVの取材など、また制限がかかり、皆様が楽しみにしてくださっている「小さな村の物語イタリア」の取材のアポ取りも難しくなってきております。何本かは既に取材が終わり、番組制作を再開しているところでしたが、今後が心配です。


以下、ご参考ください(朝日新聞デジタルより)


イタリア政府は12日、首都ローマや北部ミラノなど、国内の主要都市を含む過半数の州や地域で、15日からロックダウン都市封鎖)を行うことを閣議決定した。


 同国では2月中旬から新規感染者数が再び増加傾向となり、特に英国の変異株による感染が急拡大している。キリスト教の重要な祝日である「イースター(復活祭)」を4月上旬に控え、ワクチン供給が進むまでは規制をより強化せざるを得なくなった。


 イタリアメディアによると、食料品や薬など生活必需品を販売する店を除いて閉鎖し、仕事や健康上の理由以外の外出を禁止する「レッドゾーン」を、全土の半数以上の州や地域に適用する。その他の地域も、1週間で人口10万人あたり250人以上の感染者が出た場合はレッドゾーンとする。規制は、イースターが終わる4月6日まで続ける。


 同国の高等衛生研究所(ISS)によると、2月中旬の時点で、英国の変異株による新規感染が全体の54%を占めた。変異株は感染力が強く、3月に入ると新規感染者数が2万人を超える日が相次いだ。12日には2万6824人に達し、「第2波」が猛威を振るった11月下旬の水準に逆戻りした。フィウミチーノ空港のワクチン接種会場を訪問したドラギ首相は「新たな対策は、より厳しい規制を避けるためにも必要で、結果をもたらすだろう。ワクチン接種の加速が、パンデミックから抜け出す唯一の道だ」と述べた。


 ドラギ政権は、ワクチン接種の推進を重要政策の一つに掲げている。12日には、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発した新型コロナワクチンの使用を承認。1回の接種で済むのが特徴で、政府は6月までに730万人が接種を受けると見込んでいる。」

(ローマ=河原田慎一)


***

🌸当センターでは、

現在もイタリア語翻訳者さん、英語翻訳者さん、募集中です!

まずはお問い合わせください。

Yorumlar


bottom of page